再び載国煇から

『台湾と台湾人』研文社、1979年より 第4章「植民地体制と知識人」より  「・・・日本帝国から強いられた中国大陸との切断策の効果をより一層加乗させた。。そのために過去の局面で、中国の国民国家形成への「近代」的志向とは、かなりの断絶を余儀なくされ、現在の局面においては、価値の転換以前の価値の移行(もしくは回帰)の家庭をより複…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

載国煇『台湾と台湾人』を読んで考える

今日は夕方から読書三昧。載国煇『台湾と台湾人』を読み進める。光復後の台湾独立運動に日本の植民地支配が深く影を落としていることを再認識させられました。著者によると半世紀に及ぶ日本の台湾における植民地支配は、当人たちの好き嫌いは別としても日本社会の価値観が台湾人たちの中に骨の髄までしみわたっていたという。まあ、2.28事件(本省人の、国民党…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more